電源!より良いサウンドのために

【あなたにふさわしい電源】

2Fスタジオの電源は「音楽を通して無限の可能性をこの世界に広げるあなた」にふさわしいものです。スタジオのクリーンでパワフルな電気があなたの愛器のポテンシャルをあますこと無く引き出します。

当店2F各スタジオの2枚の防音扉の間の天井裏には、それぞれ1台ずつ、ノイズカットトランスが設置されています。このトランスは特殊な構造で発電所から電線を通ってスタジオに届くまでに電気に混入したノイズを除去します。また200Vの電圧100Vと117Vの安定した電圧に変換する役割も担っています。

電研精機研究所NCT-11/VeiN2Fスタジオ設置

【アンプの音に満足していますか?】

もし、あなたがご家庭で鳴らしたアンプの音に納得していいとしても、それはあなたのせいではありません。実際、一般の家庭用電源はお世辞にも音響機器を良い音で鳴らすための電源とは言えません。発電所で作られた電気には電線を通ってあなたの家に届くまでに様々なノイズが乗っています。また発電所からご自宅までの距離が遠かったり、送電網の機器の故障が生じた場合には、一時的に電圧が下がる事が確認されています。それに日本の一般家庭で用いられる二つ穴のコンセントでは、音響機器の電源を入れた時に鳴り出す「ジー」というノイズを防止するためにどうすればアースをとれるでしょう?

あなたがギターリストであれば、電源による音の違いを簡単に試せる例を一つあげましょう。ギターエフェクターは電池で駆動させた方が音が良いと言われています。もちろん音のし悪しは主観的なものです。ですが家庭用の電源に比べ、電池は電気を供給するために何千メートルという長い電線を通ったりはしません。これはノイズの干渉を受ける機会が極端に少ないという事です。電源に含まれるノイズは電気機器の誤作動の原因になります。

また電池は我々が日常生活を送っている環境の下では、内部に蓄えたエネルギーを徐々に電圧を弱めながら放出し続けます。突発的な電圧の上げ下げを起こしにくいのです。思い出してみてください。あなたも経験があると思いますが、突発的な停電の時でも電池式の懐中電灯は壊れていたり電池が極端に古くない限りついたりちゃんと明かりを灯してくれますよね?

ですのでエフェクターは電池を生じた方がアナログかデジタルかに関わらず、一般家庭の電源と比較して動作が安定するという事は間違いないでしょう。そしてそれは、少なからず電池の供給する電力のノイズの少なさと安定した電圧によるものと言えます。

スタジオにおける音響機器にも電源に関しては、エフェクターと同様の事がいえます。

コンセント/VeiN2Fスタジオ

【無限の可能性を広げよう】

クリーンで安定したパワフルな電力が、アンプなどの音響機器のポテンシャルを引き出します。遺憾無くその持てる性能を発揮したアンプであなたの愛器を鳴らしたらどうなるでしょう?そうです、あなたの愛器はあなたの感性を今まで以上に刺激し、あなたの創造性はとめどなく溢れ出すに違いありません!

もしあなたがご家庭の電源をそのままでアンプをご使用になられているのであれば、一度当店までアンプを持ってきてみてください。スタジオの電源で鳴らすとその音の違いに驚かれることでしょう。

もちろんノイズカットトランスを使って電源ノイズを除去しても、残念ながら全てのノイズは防ぎきれません。なぜなら、現代社会ではさまざまな電波が常に空中を飛びかっているからです。あなたはギターアンプから無線の音声を聞いたことはありませんか?

ギターのマイクはその構造上、弦振動以外の電磁波や電波なども拾ってしまいます。そのようなノイズが気になる場合はノイズの発生源に対して向きを変えたり、距離をとるなどして対応してください。完璧には難しいとしても改善が望めます。

ですが、ここまで読んでくれたあなたには、「なぜ当店の電源が音楽を通して無限の可能性をこの世界に広げるあなたに相応しいか」についてご理解いただけた事と思います。

ぜひ、一度当店の電源をお試してみてください。そしてあなた自身のの無限の可能性を、果てしない想像力を、明日への新しい一歩を踏み出す喜びを全身で感じてください。

それではいつかどこかでお会いしましょう。

「日々、音楽」タダヒロでした。

お問い合わせ